夏の毒出し(デトックス)

夏の毒出し

5/5(金)は立夏でしたね。暦の上では夏といわれています。
汗ばむ日も多くなり初夏を感じますよね!

冷えとり健康法では、立夏~立秋の2週間前までが夏の毒が出やすい時期だといわれています。

毎年掲載させていただいていますが、今回も毒出しなどについて少しお話しさせていただこうと思いますのでよろしくお願い致します。
【毒出し時期】5/5(水)~7/23(金)頃まで
【毒出しの臓器】心臓

冷えとり健康法では、心臓が毒出しする夏こそしっかりと冷えとりを強化しましょうといわれています。
なぜなら、夏は外気も暑いぶん日差しを受けて体が更に熱くなるため、足元の冷えを感じにくく、実際は他の季節以上に足元は冷えているといわれているからです。

夏であっても足元の冷えに注意して靴下の重ね履きをする方がいいといわれていますので、是非今年の夏は頑張って冷えとりを強化してみて下さい。

冷えをとり、血液の循環が良くなると内臓の働きによって汗が沢山出てきます。夏は汗という形で毒素を少しでも多く出そうとするそうです。

ただし汗を吸った衣類はこまめに取り替えることをおすすめします。汗をかたいままの衣類を着ていると汗がひく時に体が冷えてしまう原因になってしまします。靴下も同様です。汗でベタベタになったら履き替えるように心がけましょう。

また、汗をかいたら、水分・塩分補給もこまめに摂取することをおすすめします。

夏によく夏バテする方もいらっしゃいますが、夏は心臓のためにも食べ過ぎない方がいいといわれています。
私も実際冷えとり健康法を実践する前は毎年夏バテしてました。
気力・体力共になくなり夏が嫌いでしたが、今は夏バテ知らずで汗が出るのが気持ちよくて汗をかくために靴下を履いているって感じです。

夏はそうめんや冷麦、麦茶などを好んで食べますよね!これは心臓の親である肝臓の薬になると言われています。肝臓の働きが良くなると心臓を助けることができるので暑い夏を楽に乗り越えられるそうです。

【夏の冷えとりの基本】
①靴下の重ね履き ※最低4足!

②最低15分の半身浴 ※湯船の淵に腰掛けて足首から下だけの足湯でもOK!

③腹8分目! ※どの季節でも食べ過ぎは禁物!

④心に余裕を! ※イライラは冷えにつながります!

夏は足首から下をしっかり温めればいいといわれています。なので冬のように腹巻やレギンスなど使わなくても問題ないといわれています。
もちろん履きたい方や、下半身の冷えを感じている方は是非レギンス・腹巻を身につけしっかり下半身を温めて下さい。苦痛な時は無理して履く必要はありません。

これからの時期は暑さに負けて靴下をついつい脱ぎたくなると思いますが、夏の冷えとりをお休みしてしまうと秋になり体調を崩しやすくなるといわれていますので、できる範囲で結構ですの夏場も続けて冷えとりをして頂ければと思います。

これからどんどん暑さが厳しくなりますが、ご自分の生活スタイルや体調に合わせて上手に冷えとりを楽しく実践してみて下さい。

logo2
https://www.silk-seikatsu.com/
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする