秋の毒出しは?!

秋の毒出しは?

今年の8/7(土)は立秋でしたね。暦の上では秋に入りましたが、まだまだ昼間は汗だくになる日も多いですね

今回は少し遅くなりましたが秋の毒出しについてお話しさせていただこうと思います

【毒出し臓器】肺
【毒出し時期】8/7(土)~10/23(土)頃
【よく出る症状】発熱・咳・鼻水・下痢・便秘・アレルギー症状など。          ※冷えとり健康法では出やすいところから毒は出るといわれていますので個人差があります。

夏場冷えとりを休まれた方や冬場よりゆる~い冷えとりに変えられた方、冷たい物を摂り過ぎてしまった方、日差しを浴びすぎてしまった方などたくさんいらっしゃるかと思いますが、そういった方は秋に入ると風邪をひきやすくなるといわれています。

夏場に溜まった毒が一気に出るため、冷えとり健康法では1年で1番風邪をひきやすい時期ともいわれています。

冷えとり健康法(東洋医学)では、肺は大腸・皮膚・内膜・粘膜と密接な関係にあるといわれており、風邪症状だけでなく下痢・便秘・皮膚疾患がある方も肺や大腸が悪いと考えられています。

風邪をひいたり、体調が優れない時は半身浴をいつもより長めにして、靴下を2~4枚多めに履き、無理に食事をとらずしっかり休養して下さい。

また、肺の毒出し時期には腹式呼吸が有効といわれています。夏の疲れが出るこの季節、腹式呼吸で肺に溜まった毒素を吐き出してみて下さい。

【腹式呼吸の方法】
鼻から息を吸って口から吐きます。
鼻で息を吸うことで空気を温め湿気を与えることで乾燥と冷気を嫌う肺を守ります。また、息を吐く時は口笛を吹くように口をすぼめて吐くといいといわれています。呼吸は吐く息を特に意識してみて下さい。
酸素が体の隅々に行き渡ると、体の動きが良くなり冷えの解消に役立ともいわれていますので、テレビを見ながら・半身浴しながら・ボーっと休憩しながら、腹式呼吸を心がけてみて下さい。

また、秋は稲の収穫時期で、実りの秋・食欲の秋ともいわれ、食べ物が美味しい季節ですが、食べ過ぎには注意して美味しい物を少しずつ、ゆっくりよく噛んで季節の恵みに感謝して頂くように心がけてみて下さい。

logo2

https://www.silk-seikatsu.com/

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする